【 地域の想いを県政に… 】

ぶれない姿勢がある。「地域の思いを県政に」。22年の政治活動は常に、住民の求めるものを最優先にしてきた。
「言うべきことは言う。やるべきことはやる。」ときに強く映る態度からは硬派のイメージがあるが、身近にいる人は心根の優しさ、面倒見の良さを熟知している。
何事にも正面から取り組み、全力疾走が持ち味。「人生意気に感じる」を支えに、狩野ひろしは、走ります。

【 理 念 】

「地域の思いを県政に」
私の政治信条は「地域の思いを県政に」であり住民の皆様が求めるものを最優先にしています。政治とは,社会インフラ整備に直結することであり,それは安全で安心した暮らしであります。何事にも正面から取り組み,全力疾走が持ち味です。「ぶれない姿勢」,「人生意気に感じる」を支えに、狩野ひろしは走ります。

【 政 策 】

理念と違わぬ,社会インフラの拡充・整備と誰もが安心して暮らせるための街づくりが私,狩野ひろしの政策の基盤です。そのためには,地域医療・緊急医療の充実,国家の基礎となる農林業の発展,治安活動,社会福祉の拡充,地域産業の活性化,教育県ぐんまとしての基盤づくり…など,県民の皆様誰もが関わる全方向の課題に真剣に取り組んでいます。狩野ひろしの政策とその行動の詳細は、写真をクリックするとご覧いただけます。

 

 

 

お問い合わせ